家出による行方不明者の家出調査

行方不明になったその家族のお年寄りや家族とのトラブルにより家出した若者の家出調査などは、主に探偵事務所に調査を依頼すれば、調査を依頼できる。

しかし、長期的な家出により、家出先の情報もないということであれば、警察による行方不明者の調査が行われることになる。

また、認知症などの何らかの病気をかかえた高齢者が突然に家出をしてしまうケースもあるが、認知症を抱えた高齢者に関しては、その家族がしっかりサポートしなければならない。



警察による家出調査は、まず家出した人が住んでいる町の周辺住民に家出した人の情報などを徹底的に聞き込みを開始することから調査が開始することになる。

家出した人は、警察では行方不明者として扱われる。

警察の家出調査は聞き込みのほかにビラを貼る方法もある。

責任者の了解を得て、スーパーマーケットなどの施設の入口に行方不明者の情報のビラを貼ることである。

そのビラを貼ることで、行方不明者の情報の収集をはかるのが目的である。



家出した家族を警察に申し込む際には、家出捜索願の書類を出して、その家族は家出調査の情報ができるだけ分かる範囲で家出人の情報を提供したほうが良いだろう。

ただし、家族のトラブルにより、若者が最近良く友達の家に長期間泊まるなどの程度で家出捜索の願いを警察に申し込むだけでは、警察は家出調査を承ることができない。

この例はその若者が長期的に家を出た状態なので、若者が定期的に家族に連絡を入れるぐらいの配慮が必要である。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans