Banner
Banner
Banner

奴隷のように働きたくないと思う労働や残業代請求のハナシ

2013-05-30



1 一昔の造船所の仕事 話にならないように、短い、長期休暇 五日の休日が終わったあと都市が再び地下鉄に満ちている。
インターネットには、大企業の造船所アルバイトを求める広告があふれている。
初心者、長期短期アルバイト、休学生アルバイト...、最低賃金分だけ時給にするカフェやコンビニバイトに比べると日当1万円の造船所は、大金を作ることができるという期待を持たせる。食事や寮を提供までしている。
健康診断だけ受ければすぐに入社可能でありすっきりとした紹介文の前に造船所下請労働者の事故や死亡がどのくらいあるのか思い浮かべることはまず難しい。
仕事をして骨折したが救急車を呼ばず下請け業者のトラックに乗せられて病院に行くまでに、あまりにも時間が掛かり一度に終わる手術を何度も必要とした労働者の話はどこにも書いていない。 「若者たちが多くの来る、なぜこの造船所まできたのか聞いてみると「給料が良いから!」という。ところが一週間もしないうちに逃げ、その後また他の若者が来る。
命を奪い、健康を搾取する。非正規職、正社員問わず、アルバイト、実習生、大学生、休学生、初心者、経験者問わず、中国人日本人を区別せずに工場選ばない。

2 職業性の癌について 職業性がんとは? 職業性がんと専門的に発ガン性物質にさらされたり、発ガン物質を確認できなかったが、特定の職群や産業で増加する癌をいう、非(非)職業性がんと明確に区別されるものではなく専門的な原因により、確率的に発生する可能性が高くなることを通称して職業性がんと言われている。
日本は急速に高齢化社会に入っている。これにより、国民死亡原因でがんが占める割合は徐々に高まっている。統計に見ると、2010年の一年間のがん発生数は人口10万人当たり304.8人(男333.6人、女性297.0人)が発生している。 2010年現在のレベルでがんが発生した場合、人々が平均寿命(男性77歳、女性84歳)までの生きるするとき、生涯に渡って3人に1人程度の割合でがんを経験することになる。
がんは死亡原因でも重要な位置を占めているが、2011年には、死亡した257,396人のうち、がんで死亡した人は71,579人(全死亡者数の27.8%)で不動の死亡原因の1位を占めている。このように主な死亡原因の癌ですが、職業性がんはどれくらいあるのでしょう?
外国の研究によると、DollとPeto(1981年)は、がんによる死亡の4%が職業によるものとし、がん予防のためのハーバードレポート(1996年)では、がんによる死亡の5%が職業性がんとした。イギリスで出てきたレポート(2010年)によると、全体の癌の発癌物質によるもの死亡の5.3%(男性8.2%、女性2.3%)、発生の4.0%(男性5.7%、2.1%)を占めると報告している。

Leave a Reply

Filled Under: テーマ《残業代請求》の一覧
Banner
Banner
Banner
Banner